読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血圧を下げる食事

血圧を下げる食事についての情報。

血圧を下げるにはまずは食生活から!

血圧を下げる方法というと結構な種類があります…。

 

でもやっぱりまずは、食生活を整えることが大事なのです。

 

血圧を下げる効果がある食材を食べることや、

 

血圧を下げる効果のあるお茶を飲むこと。

 

もちろん大事です。そして効果的です!

 

でも、まずは血圧をこれ以上上げないということが大事なのです。

 

塩分を控えめにすることやお酒を控えるなど血圧を上げない努力を行いましょう。

 

その上で血圧を下げる食事やサプリメントを摂取することでより効果を発揮できるはずです。

 

DHAEPA、ゴマペプチドやアリシンなど血圧を下げる成分を含んだ食事を食べること。

 

またはそれらを配合したサプリメントを摂取することそれらは血圧を上げない食事をとってこそ効果を発揮します!

宅配弁当で健康になろう!

 自分で健康的な食事をするのは大変ですよね。

 

そもそもご飯を作るのも大変…

 

でもお弁当ってなんだか身体に悪そう…

 

そう思っていませんか?

 

しかし、最近は健康のための宅配弁当があるのです!!

 

宅食というキーワードや宅配弁当とういうキーワードに加えて

 

健康や高血圧というキーワードを加えて検索してみてください!

 

減塩弁当や野菜弁当など沢山あります!

 

そして市販の弁当のように防腐剤などの添加物が少ないのもおすすめですよ!

普通のお茶を飲むだけで血圧が下がる!?

血圧が下がることを売りとしたトクホのお茶も最近結構見るようになりましたね。

 

例えば、杜仲茶は漢方の薬にもなっている「杜仲」に含まれる成分が、
血圧を下げる働きがあることが古くから知られています。

 

その他ゴマペプチドを配合したお茶もゴマペプチドにより血圧低下の効果が期待できます。

 

この辺は少し特殊というか普段からあまり馴染みの無いお茶だと思います。

 

でも普段から飲むお茶にも血圧を下げる効果があります!

 

例えば緑茶に含まれる茶カテキンにも高血圧対策の効果があります。

 

また、蕎麦そば茶にもルチンの働きにより、血圧を安定させ高血圧を予防する効果があります。

 

緑茶やそば茶は普段から飲まれている方も多いのではないでしょうか?

 

日本のお茶ってすごいですね!

サプリメントの方が安上がり?

 さて、血圧を下げる食材はたくさんあります。

 

でもそれらは野菜や青魚が多くをしめています。

 

最近野菜って高いですよね…。

 

また、毎日野菜を食べるのは意識をすれば不可能ではないとおもいます。

 

実際私もそれだけは心がけています。

 

でも毎日や2日に一度などのペースで青魚を食べることや、

 

それに加えて毎日タマネギを食べよう!

 

とかなってくると大変です。

 

そこで私はサプリメントのちからを借りています。

 

サプリメントも結構高価なのですが、毎日野菜を買ったり青魚を買ったりすることと比べたら、若干安上がりなのかな?と思います。

 

またサプリメントは普段の食事に+することも出来るので継続しやすいですよ!

血液がサラサラになると血圧は下がります。

 血液がサラサラに慣れば、血液が流れやすくなるため血圧は下がります。

 

そして同時に心臓への負担も小さくなります。

 

血液をサラサラにしてくれる食べ物といえば…

 

タマネギやニンニク・海藻類・青魚・納豆が有名です。

 

タマネギには中性脂肪を下げる効果もあります。

 

青魚に含まれるDHAEPAは血管そのものの状態をよくする効果もあります。

 

納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果が高いです。

 

また、血液をサラサラにする薬などもありますよね。

 

でもあれって結構危険で、大怪我とかをすると出血が止まらなくなったりするんです…。

 

食事で血液をサラサラにするぐらいなら、そこまで心配をする必要はないですけどね!

 

また、これらの食材は動脈硬化対策にも効果的だとおもいます。

 

でもこれらを毎日食べるのって難しいですよね…。

 

もちろん効果を得るには毎日食べることが好ましいです。

 

出来る限り食材に意識を配っていきましょう!

塩麹で塩を控えめに?

塩の代わりに塩麹を使うことで塩分の過剰摂取を防ぐ!

 

こんなこことが数年前にブームになりました。

 

では実際に塩麹で塩分を控える事ができるのでしょうか?

 

塩麹の塩分量は食卓塩と比較した場合おおよそ25~35%です。

 

そして、塩麹で食卓塩と同等の塩加減にしようと思った場合…

 

1.5~2.5倍の量が必要です。

 

ということは、上手く使えば塩分量を控えることができそうですね!

 

具体的には最大約60%カットから20%カットぐらいになります。

 

とはいえ、塩麹と食塩では風味が大きく異なるので、

 

料理に合わせて使っていくことが必要になりますね!

 

上手く使えば大きな効果を得ることが出来ます!

塩分を身体の外に出してしまいましょう!

塩分をあまり摂取しないようにすることは大事です。

 

でもとってしまった塩分は仕方がないですよね?

 

では、どうしたら良いでしょうか?

 

はい、身体の外に出してしまいましょう。

 

そんなに簡単に行くの?そう思うのは当然です。

 

簡単に言ってしまえばおしっこをたくさん出せば良いのです。

 

では、おしっこをたくさん出すにはどうしたら良いでしょうか?

 

水分を沢山摂る!

 

これはもちろんですね。

 

そしてもう一つ!それはカリウムです。

 

リンゴやバナナやいちごなどに多く含まれているカリウムには、

 

おしっこを沢山出す作用があります。

 

そのため、体内の余分な塩分を出してしまうことができるのです。

 

もちろんあまりにも沢山とりすぎた塩分はどうしようもないですけどね…